Contents

2019年4月1日より慶應義塾大学理工学部物理情報工学科にて海住研究室がスタートしました。
海住研究室では、磁性、誘電性、ナノ科学、さらには、光学、分子化学、フレキシブル工学が融合した新しい分野横断的学際領域を開拓し、これにより、高感度磁気センサ、高密度磁気・分子メモリ、フレキシブル光磁気デバイスなどの革新的エレクトロニクスの創出を目指しています。

今年度はWebEXZoom、対面式など、様々な形態での研究室見学を受け付けています。バーチャルラボツアー(研究室内の様子を動画配信)もご用意しています。見学希望の方はお気軽にご連絡ください。

News

2022年6月25日
M2の大橋さんが、慶應義塾女子高等学校にて理工学部オンライン模擬講義を行いました!
2022年5月23日
M2の佐藤君の研究成果がスピントロニクス研究開発センターに掲載されました。物情HPにも掲載されました。
2022年5月20日
M2の佐藤君の研究成果が理工学部から英語版でもプレスリリースされました。物質・材料研究機構 磁性・スピントロニクス材料研究拠点ブラウン大学物理学科においても掲載されました。
2022年5月18日
M2の佐藤君の研究成果が日本経済新聞マイナビニュースマピオンニュースなどのメディアで報道されました。
2022年5月16日
M2の佐藤君筆頭の論文"Large magnetocapacitance beyond 420% in epitaxial magnetic tunnel junctions with an MgAl2O4 barrier"Scientific Reports (Nature姉妹紙) に掲載されました。本成果は慶應義塾大学、および、理工学部よりプレスリリースされました。
2022年4月11日
3月に研究室の動画撮影会が開催され、動画が完成しました(keio.jp認証)。ぜひご覧ください!(撮影の様子はこちらです)
2022年4月1日
M1の柴田君、田中君、松坂さん、松島君、B4の畠山君、堀金君、宮本君、若本さんが配属されました。
2022年3月23日
学部卒業式が開催され、B4の松坂さんが第23回物理情報工学科主任賞第23回物理情報工学科特別賞を受賞しました。おめでとうございます!
2022年1月7日
新しく配属された学生さんと一緒に、研究室のキックオフミーティング(Zoom)を開催しました。メンバー構成は、D1(1名)、M2(3名)、M1(5名)、B4(4名)、B3(4名)となっています。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2021年12月28日
物質・デバイス領域共同研究拠点展開B研究会(オンライン開催)にて、M1の佐藤君、中川君、B4の松島君が研究発表を行いました!
2021年12月16日
電気学会A部門マグネティックス研究会(オンライン開催)にて、M2の緒方君が研究発表を行いました!
2021年11月17日
D1のZhang君がJST博士後期課程学生支援プロジェクトに採択されました。おめでとうございます!
2021年11月1日
11月18日(木)13:30-16:50に研究室紹介を行います。対面では、研究室見学、実験デモ、質問会などを行います。オンラインでは、Zoomを用いた研究室紹介・質問会を行います。詳しくは、こちら(PDF) をご覧ください (keio.jp認証)。その他の日も、ご希望の形態・お時間に合わせて研究室紹介・見学を行います。お気軽にご連絡ください。
2021年10月26-29日
34th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2021)(オンライン開催)にて、M1の林君が研究発表を行いました!
2021年9月23日
日本物理学会(オンライン開催)にて、M1の中川君と山内君が研究発表を行いました!
2021年9月22日
応用物理学会(オンライン開催)にて、M1の大橋さんと林君が研究発表を行いました!
2021年9月22日
後期博士課程の学生として、Zhang君(サウサンプトン大学大学院修士卒)が配属されました。
2021年9月14日
学科内プレゼンテーション技法発表会にて、B4の松坂さんが優秀発表賞に選ばれました。おめでとうございます!
2021年8月25日
特別研究第一・中間発表会にて、M2の緒方君が優秀発表者として選出されました。おめでとうございます!
2021年7月29日
藤原先生との共著論文"Development of magnetic responsive random lasers fabricated by a laser-induced surface roughness"Appl. Phys. Lett. に掲載されました。
2021年7月27日
M1の林君が慶応工学会給費奨学生として採用され、矢上キャンパス創想館マルチメディアルームにおいて授与式が行われました。おめでとうございます!
2021年7月20日
M2の緒方君、中山君の研究成果が日刊工業新聞 23面、Tech Eyes Onlineなどのメディアで報道されました。
2021年7月16日
M2の緒方君、中山君の研究成果が日本経済新聞EETimes Japanなどのメディアで報道されました。物情HPにも掲載されました。
2021年7月12日
M2の緒方君筆頭の論文"Observation and theoretical calculations of voltage-induced large magnetocapacitance beyond 330% in MgO-based magnetic tunnel junctions"Scientific Reports (Nature姉妹紙) に掲載されました。世界最大のトンネル磁気キャパシタンス比の観測に成功し、そのメカニズムも解明しました。本成果は慶應義塾大学、および、理工学部よりプレスリリースされました。
2021年5月20日
フォトニクスニュース第19号(第7巻第1号)第68回応用物理学会春季学術講演会 Editor's Picksに選出されました。藤原先生との共同研究成果です。当研究室からはM1の大橋さんが参画しています。
2021年5月4日
M1の中川君筆頭の論文"Sign Inversion Phenomenon of Voltage-induced Tunnel Magnetocapacitance"Appl. Phys. Lett. に掲載されました。周波数変調と電圧誘起を利用した新たなトンネル磁気キャパシタンス効果の符号反転現象を初めて発見し、そのメカニズムも明らかにしました。今回の研究成果は物情HPにも掲載されました。
2021年5月1日
電気学会A部門誌特集号にて海住准教授が執筆した解説論文「トンネル磁気キャパシタンス効果の原理と新たな展開」が掲載されました。
2021年4月2日
物質・デバイス領域共同研究課題基盤共同研究(代表)、並びに、展開共同研究B(組織メンバー)に採択されました。
2021年4月1日
日本学術振興会科学研究補助金基盤研究(B)に採択されました。3年間の研究プロジェクト(代表)です。
2021年4月1日
M1の大橋さん、佐藤君、中川君、林君、山内君、B4の柴田君、田中君、松坂さん、松島君が配属されました。
2021年3月23日
学部卒業式が開催され、B4の佐藤君、中川君、林君が第22回物理情報工学科特別賞を受賞しました。おめでとうございます!
2021年2月22日
修士中間発表会にて、M1の千秋さんが優秀発表賞を受賞しました。おめでとうございます!
2021年1月6日
研究室のキックオフミーティング(WebEX)を開催しました。新しく配属された学生さんと一緒に合計13名のメンバーでスタートいたしました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2021年1月4日
強的秩序とその操作に関わる研究会(第12回講演会@オンライン)にて海住准教授が講演「磁気キャパシタンス効果の基礎と最近の新展開」(invited)を行いました。
2020年12月14-17日
第44回日本磁気学会学術講演会オンライン開催)にて、M1の緒方君と千秋さんが研究発表を行いました!
2020年12月2-4日
第43回日本磁気学会サマースクール(オンラインセミナー)が開催され、海住准教授がチーフオーガナイザーを務めました。多数のご参加、ありがとうございました。
2020年12月2日
物質・デバイス領域共同研究拠点 展開共同研究A 研究会(オンライン開催)にて、M1の緒方君と千秋さんが研究発表を行いました!
2020年11月13日
B4の大橋さん、佐藤君、中川君、林君、山内君が中心となって、バーチャルラボツアー動画(keio.jp認証)を作成しました。ぜひご覧ください!
2020年11月9-12日
33rd International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2020)オンライン開催)にて、M1の緒方君と千秋さんが研究発表を行いました!
2020年10月14日
ザガルッツェム博士筆頭の論文"Discovery of AgxTaS2 Superconductor with Stage-3 Structure"2D Materials に掲載されました。藤岡先生との共同研究成果です。
2020年9月17日
学科内プレゼンテーション技法発表会にて、B4の佐藤君、中川君、林君が優秀プレゼンターに選ばれました。おめでとうございます!
2020年9月8-11日
日本物理学会(オンライン開催)にて、M1の緒方君と千秋さんが研究発表を行いました!
2020年8月1日
宮崎君筆頭の論文"Thermal stability and proton conductivity of densely proton injected phosphate glasses containing rareearth elements"Journal of Non-Crystalline Solids に掲載されました。西井研究室との共同研究成果です。
2020年6月3日
研究室紹介のページに磁気物理インフォマティクスの説明を追記しました。
2020年5月7日
短期集中型で研究室内プログラム勉強会(Visual Studio Express C/C++)を開催しました(WebEX 週1回~6月)。
2020年4月21日
加藤科学振興会研究集会助成金に採択されました。
2020年4月1日
物質・デバイス領域共同研究課題基盤共同研究(代表)、並びに、展開共同研究A(組織メンバー)に採択されました。
2020年4月1日
M1の緒方君、千秋さん、中山君、B4の大橋さん、佐藤君、中川君、林君、山内君が配属されました。
2020年4月1日
日本金属学会会報まてりあに海住准教授が執筆した解説「磁気トンネル接合における電圧誘起磁気キャパシタンス効果」が掲載されました。
2020年2月28日
澤野君筆頭の論文"Enhanced coercivity on self-assembled stacking of ferrimagnetic and antiferromagnetic nanocubes"Nanoscale に掲載されました。今井研究室との共同研究成果です。
2020年2月25日
ロビン君筆頭の論文"Tunnel Magnetocapacitance in Fe/MgF2 Single Nanogranular Layered Films"Appl. Phys. Lett. に掲載されました。2次元グラニュラーデバイスの中で、これまでで最大値となるTMC比を達成しました。
2020年1月10日
研究室のキックオフミーティング&新年会を開催しました。新しく配属された学生さんと一緒に合計10名のメンバーでスタートいたしました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
2019年12月13日
第20回 KEIO TECHNO-MALL(慶應科学技術展)にて「磁気を用いた革新的次世代デバイス」(ブース No.19)を出展しました。
2019年12月9日
スピントロニクス学術研究基盤と連携ネットワーク拠点年次報告会にて海住准教授が講演「MgOベース磁気トンネル接合における電圧誘起磁気キャパシタンス効果」を行いました。
2019年11月1日
電気学会誌「特集 スピントロニクスを用いた新素子とそれが紡ぐ未来」(139 巻 11 号)にて海住准教授が執筆した論文「磁性薄膜エッジを利用した新規なナノスケール接合デバイスの創製」が掲載されました。
2019年9月2日
佐々木悠馬君が協定研究生(北大M2)として配属されました。
2019年8月26日
The 6th Japan-Korea International Symposium on Materials Science and Technologyにて海住准教授が講演(invited)を行いました(Title "Magnetocapacitance Effect in Spintronic Devices")。ロビン ムシスカ君はポスター発表を行い、Best Poster Awardを受賞しました(Title "Experimental and Theoretical Study on Tunnel Magnetocapacitance in Fe/MgF2 Nanogranular Films")。おめでとうございます!!
2019年7月29日
日本磁気学会第224回研究会にて海住准教授が講演「磁気トンネル接合における室温巨大磁気キャパシタンス効果」(invited)を行いました。
2019年7月8日
第1回慶大スピントロニクス研究開発センター研究会にて海住准教授が講演「磁気キャパシタンス効果の新展開とその学理」(invited)を行いました。
2019年7月1日
日本学術振興会科学研究補助金挑戦的研究(萌芽)に採択されました。3年間の研究プロジェクト(代表)です。
2019年6月19-21日
第42回日本磁気学会サマースクールが開催され、海住准教授がチーフオーガナイザーを務めました。多数のご参加、ありがとうございました。
2019年5月13日
ロビン ムシスカ君が協定研究生(北大M2)として配属されました。
2019年4月18日
電気学会主催の第7回ナノスケール磁性体研究会にて海住准教授が講演「磁気キャパシタンス効果の新展開」(invited)を行いました。

一覧を見る